配管工ってどんな仕事?〜配管工の技術と将来性〜

 

こんにちは

湖東地域を中心に、滋賀県全域で機械設備やプラントの配管工事一式を行っている谷口工業です。


東京オリンピックまで1年をきり、オリンピック関連の施設建設など、テレビやニュースで建設業界が取り上げられることも増えてきました。オリンピック開催を目指して、会場や宿泊施設、道路などあちらこちらで建設業の職人さんたちが頑張っています。



私たち谷口工業が行っているプラント設備の配管工事は、建設工事の中の「管工事」に含まれています。



「プラントという言葉を始めて聞いた」「管工事ってどのような仕事?」と、思われる方も多いかもしれません。実は、知らないところで私たちの生活を支えている、とても大切な仕事なんです。



■ライフラインを支える!管工事の仕事とは


管工事というのは、みなさんの身近な所では、オフィスや商業施設などで、空調やガス・水などを供給するための「配管」を設置する仕事です。



配管は、天井裏など見えない所に設置されているため、意識することはあまりないかもしれませんが、蛇口をひねれば水が出て来たり、空調で部屋が快適な温度に保たれていたりするのも、きちんと管工事が行われているからなのです。配管工は人々のライフラインを支え、みなさんの当たり前の日常を常にサポートしています。



■谷口工業のプラント配管工事


配管工事の中にも、いくつかの種類があります。谷口工業では、プラントと呼ばれる工事設備の管工事を専門にしています。工場の設備なので、管の中を通っているものは工場の業務内容によって変わってきます。


食品工場では水やお湯、工場ではそこで作られた液体が管の中を流れ、化学薬品を扱う工場であれば、薬品などが通ったりすることもあります。危険な薬品や熱湯が管を通ることもあるため、慎重に設計する必要があります。施工する際にも、正確に設置し、安全を確保することに最大限気を配っています。


また、施工後には問題が起きないようにしっかりとメンテナンスをするのも、大事な仕事の1つです。




■配管工の技術と資格


プラント配管の仕事では、工場によって管の規模や中に流れるものが違います。それぞれの現場に合わせて、管の素材を選んだり、加工したりする必要があります。


現場ごとに臨機応変に対応する力が求められるので、技術をすぐに身につけられる職業ではありません。しかしその分、身につけた技術には高い価値があります。自分のキャリアを高め、ステップアップしていく力になってくれるでしょう。


さらに、「配管技能士」や「配管工事施工管理技士」「建築整備士」などの資格を取得すれば、より活躍の場を広げられます。



■配管工の将来性


最近では、ロボットやAIといった技術の進化によって、人が仕事を奪われると言われています。苦労して技術を身につけても、「将来的にその職業がなくなってしまうのでは」と考えると不安ですよね。


しかし、プラント配管という仕事は、工場によって対応を変えたり、職人にしかできない微調整をしたりということが必要になってきます。簡単にロボットやAIに仕事を奪われる危険性は低いといえます。


このように、配管工として専門性の高い技術と資格を手に入れることで、将来にわたって安定して仕事を続けることができるでしょう。




■仕事をしながら配管工の技術を身につける!




配管工は、みなさんの暮らしに無くてはならないインフラを支える、やりがいの大きな仕事です。


谷口工業では、先輩スタッフと協力しながら一緒に仕事をしていますので、未経験の方でも安心して働ける環境になっています。先輩の職人さん達も、始めは知らないことが多い中からスタートし、日々の仕事をしていく中で配管工としての技術や経験を身につけてきました。


配管工に興味がある方、手に職をつけて頑張っていきたいという方は大歓迎です。滋賀県犬上郡近隣地域で活動している谷口工業まで、ぜひお気軽にご連絡ください。



<谷口工業 求人募集>

http://taniguchikogyo.com/offer