専門性の高いプラント配管工!谷口工業が手掛けるプラント配管とは?

 

湖東地域を中心に、滋賀県全域で機械設備やプラントの配管工事一式を行っている谷口工業です。


みなさんは、プラント配管という言葉を聞いたことがありますか?


給水やクーラーなど空調設備のための配管は、普段の暮らしの中で見かけることがあっても、プラント配管という言葉は初めて耳にするという方が多いのかもしれません。


そこで今回は、谷口工業が携わっているプラント配管や仕事の内容についてご紹介したいと思います。


■生活を支える配管工事


みなさんのご家庭まで生活水や空調用のガスなどを通している管のことを配管といいます。店舗や商業施設、ビルなどの建物では、さらに多くの種類の配管が使われています。


配管は、水、蒸気、ガスなど中を流れるものによって、その温度や圧力に耐えるような材料を使い分ける必要があります。例えば、給水配管はさびや漏水が発生しない素材を使いますが、ガス管はガス漏れを防ぐためにポリエチレンで覆った管を使います。


このように、配管は一見同じような管を使っているように見えるかもしれませんが、中を通るものによって素材を変えたり、施工方法を工夫したりしているのです。


■専門性の高いプラント配管


プラント配管の「プラント」とは、工場の設備全体のことです。工場の配管なので、みなさんが生活している中ではあまり目にする機会がないかもしれません。食品工場や製鉄所、化学工場といった様々な工場で使われている配管が、プラント配管なのです。


この配管の中には上水・下水をはじめ、高温の熱湯や化学薬品、ガスといった、その工場で使われるものが流れています。もし配管の設計や接合に不具合があれば、大きな事故に繋がる危険性があり、工場の稼働にも影響を与えてしまいます。


そのため、一般の配管工が工場の配管も手がけるケースは、あまりありません。専門家であるプラント配管工が工事を担当しています。プラント配管工はこのように、重要で専門性の高い仕事といえるでしょう。


■チームワークで乗り切る!プラント配管工の仕事


プラント配管工の仕事は、工場のいろいろな場所で使われる配管の設計や製作・施工です。工場の配管が安全に役割を果たすように、鉄・ステンレス・プラスチックなど多くの素材の中から、管に流れるものや使用する状況に適した配管材料を選び、配管全体を設計します。次に設計に合わせて、必要なサイズに製作・加工し、現場で施工していきます。


毎日稼働する工場では、配管のメンテナンスも大切な仕事のひとつです。メンテナンスと共に、部品を分解して点検清掃する「オーバーホール」などにも対応しています。


プラント配管工は、工場の安全性を守るために、綿密に設計や施工をする仕事です。プラント配管は、製造されるものや機械の配置によって工場ごとに違うため、プラント配管工の経験や技術、対応力が求められます。


そのため、現場では先輩とチームを組み、未経験の方でも経験を積みながら知識や技術をひとつずつ身につけていきます。家庭や店舗などの小規模な配管とは異なり、工場の配管は複雑で様々な専門知識が必要とされます。その分、先輩の職人を含めみんなで協力しながら、工事を進めていきます。プラント配管は、チームワークで大きな仕事を乗り切るやりがいのある仕事なのです。


■滋賀県全域で配管工事を行う谷口工業


谷口工業は創業以来35年以上にわたり、対応力の高さや丁寧な仕事を心がけ、滋賀県犬上郡を中心に管工事一式を行ってきました。


給与や待遇面で満足・安心して仕事に専念できるように、スタッフが働きやすい環境づくりにも力を入れています。


プラント配管に興味を持たれた方や、技術を身につけて頑張っていきたいという方は、未経験でも歓迎しています!あなたも達成感の大きなプラント配管工のチームメンバーに加わりませんか?配管工事を滋賀県全域で行う谷口工業では、職人を常に募集しておりますので、気になった方はお気軽にご応募ください。


<谷口工業 求人募集ページはこちら>

https://www.taniguchikogyo.com/offer